戦国最後のヒロイン 千姫の生涯

こんにちは!

暦と旅の案内人こよみすと
プロデューサーの藤野です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 33895722_1676527275788798_7636508485726765056_o-683x1024.jpg です

早速ですが、今日も、皆様を

大人のタイムトラベル 〜暦と歴史の旅〜

にご案内したいと思います。

 

 

藤野の大好きな「江戸時代」(とその前後)を舞台に、
皆様ご存知の歴史上の有名人(じゃない人も出てくる)をご紹介しながら、

暦を読み解き、歴史を紐解く、
ちょっと不思議なタイムトラベルへお連れします。

 

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は br_c_2369_2.gif です

旅の知識・楽しみ方ランキング

 

今回の主人公は、女性。
それも!ザ・プリンセス。と言える

超豪華!超華麗なる一族のお姫様 千姫さま

にスポットを当てちゃいます!

 

 

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 1-1-1024x768.jpg です

それではどうぞ、こちらから、
大人のタイムトラベルの始まりです。。。

  

 

今回は、まずは、この方の基本情報をご覧ください。
目映いばかりの、何一つ不足ない、
完璧なお家柄のお姫様です・・・

 

お祖父さんは、徳川家康
旦那のお父さんは、豊臣秀吉

実の父親は、第2代征夷大将軍・徳川秀忠
実の母親は、あの!お市の方の末娘・お江与

浅井長政・織田信長・徳川家康の血を継ぐ、
戦国時代最高のお家柄・・・

ついでに、
旦那の母(姑)は、あの!お市の方の長女・茶々姫(淀殿)

母親どうしが姉妹。
つまり、旦那は従兄弟なのです!

千姫姿絵(弘経寺蔵)

千姫(せんひめ)

生年月日:慶長2年04月11日 1597年05月26日 7-5

住所:山城国伏見城 徳川屋敷
   〒612-8051 京都府京都市伏見区桃山町大蔵

父:第2代征夷大将軍・徳川秀忠
母:お江与
祖父:初代将軍・徳川家康

兄弟姉妹:
次妹:珠姫 加賀3代藩主・前田利常室
三妹:勝姫 越前藩主・松平忠直室
四妹:初姫 松江藩主・京極忠高室
長弟:徳川家光・江戸幕府第3代征夷大将軍
次弟:徳川忠長・駿河大納言
末妹:徳川和子・後水尾天皇の中宮。第109第明正天皇の母。東福門院。

配偶者:豊臣秀頼 1593年08月29日生 2-5  
→ 姫路城主・本多忠刻 1596年05月11日生 8-8(本多忠勝の孫)

子供:勝姫(備前岡山藩主・池田光政室)

 

 

【こよみすと 的 千姫の人格分析】

千姫:7-5-9-3

本質的に金運に恵まれドライな気質を持つ。
対人的にはリーダーシップが強く自分流。
潜在意識には頭脳明晰で強い信念を持つ。
明るく前向きで、実家とのご縁は強く長男的な役割を求められる。

と言うわけで、今回はこの

戦国最後のヒロイン 千姫の生涯

に、ググッ〜っと迫ってみます。。。

 

 

 

 

1600年09月15日の「関ヶ原の戦い」で天下人の孫となり

 

1614年〜15年の大坂の陣も生き延び、

 

徳川家康像(狩野探幽画、大阪城天守閣蔵)

徳川家康を祖父として、

 

 

徳川秀忠像(松平西福寺蔵)

父は、徳川幕府 第2代征夷大将軍秀忠。

 

 

 

そんな、
何不自由ない人生を約束されたか、に思える千姫が、

関白豊臣家、そして、三河以来の名門本多家との、
2度の婚礼を通して、
自ら悲劇の運命へと引き寄せられて行く。。。

  

 

 

暦を読み解き、歴史を紐解いて、
この千姫の生涯に触れてみて、

藤野は、涙が止まりませんでした。

 

戦国の世に生まれた女性の、
栄華と悲劇を一身に背負った 千姫の生涯。

その全てを、今回は
ウェビナーでお伝えしたいと思います。 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
こよみすと体験講座  ウェビナー
大人のタイムトラベル 〜暦と歴史の旅〜
━━━━━━━━━━━━━━━━

 (参加費)
 
一般の方:1,000円(PayPal事前決裁)
2020年度 こよみすと「暦」 会員様:無料
 
 
<日時>
 
オンライン講義(zoom)
お申込みはこちらから
 
03月03日(火)21:00〜22:30
→ https://bit.ly/3aea40Q
 
03月13日(金)21:00〜22:30
→  https://bit.ly/39bWZ8h
  
03月28日(土)21:00〜22:30
→ https://bit.ly/2weX3W8

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
こよみすと体験講座 
━━━━━━━━━━━━━━━━

3月5日はアズ直子のウェビナーです!

水の神様に逢いに行く!東京龍脈案内

(参加費)
一般の方:3,900円(PayPal事前決裁)
こよみすと「暦」 会員様:1,000円(PayPal事前決裁)
2020ふじびき 無料ご招待にご応募の方:無料

ーーーーー

(日時)
2020年03月05日(木)11:00〜13:00
ご自宅から気軽に参加できるウェビナー講座です。

お申込はコチラ
→ https://bit.ly/2uB6cHF

ーーーーー

  

 

 

 

暦を学ぶだけではなく、
旅に出かけるだけでもなく、

暦の知識に、
旅の知識をプラスして、
そこに
もともとの自分の興味関心を合わせて
暦と旅のある生活を楽しむのです。


大好きな歴史の中の出来事や人物が、
暦と旅の現生活の中に蘇って来て、
目の前にイキイキと再現されるような感動を
味わい続けているのです。

今、私は、
ここ渋谷区広尾にオフィスを構えて
毎日のお仕事をしていますが、

もう明らかに、
ここは東京ではなく、江戸!なんです。

いわゆる「江戸・東京ブーム」というものは、
時代を超えてなん度も繰り返されているようですが、

私は今日も、
歴史小説や新書、あるいはもっと高度な専門書を通して、
大好きな「江戸時代」に触れ、
同時に、最近では非常に便利に使えるようになって来た
「古地図」というものをめくりながら、
江戸と現代を行ったり来たりしながら、
本当にエキサイティングな毎日を楽しんでいます。

なぜ江戸が好きか?
というお話はまたいずれ・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも、こよみすとになりませんか? 

━━━━━━━━━━━━━━━━

公式サイト https://koyomist.com/
FBベージ https://www.facebook.com/koyomist.japan/
Instagram https://www.instagram.com/koyomist.japan/

ぜひたくさんの写真や記事もご覧ください。

旅の知識・楽しみ方ランキング

━━━━━━━━━━━━━━━━

広尾88アカデミー
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5丁目21-5-200
電話)03-6447-7538
hiroo88academy@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。