こよみすと 歴史散歩005. 本当のミニマリストは、江戸の人

こんにちは!

こよみすと プロデューサーの藤野です。

旅の知識・楽しみ方ランキング

気学や風水好きな女性たちのために、
「こよみすと 」と言うプログラムを整え、
さらに歴史好きな男性にも、是非に、
この「こよみすと 」を広めたいと思っています。
 

「暦」に即した”こよみ生活”を送るようになると、
特別な日ではない、普通〜の毎日の中にも、
今までは気付かなかった様々な関心・興味が
続々と沸き起こってくるのです。

自然と、地理や歴史や文化にも明るくなります。

 

さて今日は、

暦を学び、暦や自然に即した生活を整えて、
穏やかで、心豊かな毎日を目指す「こよみすと 」
として、

 

もちろん!
暦にかなった毎日を送ることや
吉方位旅行を重ねてドンドン開運して頂きたいのはヤマヤマなのですが・・・

 

 

ちょっと待った!

暦だ!金運だ!開運だ!
神社だ!御朱印だ!旅行だ! ってやる前に・・・

 

もう一度、
見直して頂きたい事があるのです。(^ ^)

 

 

というわけで、
今回の目的地は、

もう藤野にとっては「聖地」のような場所。

 

江戸東京博物館 
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

 

 

JRもしくは都営大江戸線の両国駅からすぐ!
お相撲のメッカ両国国技館のお隣です。

 

建物6階の総合受付を通ると、
そこはもう、お江戸の入り口。

 

日本橋!

この橋を渡った先は、いきなり!
完全な江戸時代なのです。


 
・・・ほら。

そこはまるで、
あの人気ドラマJINの世界にタイムスリップしたようで!

 

・・・って、

この東京江戸博物館のリポートは、
また別の機会に譲りたいと思うのですが・・・。
 ※近々に掲載したいと思います!

 

 

徳川家康が江戸に入府した1590年ころの生活を復元した
ジオラマだったり、実物資料が山ほど展示されている館内。

その歴史的情報のボリュームや
展示品の美しさもさることながら、


藤野が、この江戸時代にタイムトラベルして
まず最初に感じた事
を、
今日はお話したいと思うのです。

 

 

「江戸の街は、江戸の人々は、
 シンプルで、心豊かな生活を実践していたんだな〜」

という事なのです。

※全て、許可の出ている場所で撮影したものです。

この写真は、江戸中期〜後期の「長屋」に暮らす
ごく普通の町人の生活を復元した展示なのですが、

「長屋」という非常に限られた空間で、
非常に効率的に暮らしています。

場所が狭い、という以上に、
まずモノが本当に少ない。

保存・保管しておく、しまっておく、
という概念すらないのでは、と思うほど、
見事に限られた、無駄のない、暮らしが感じられました。

まあ、もちろん、
冷蔵庫や冷凍庫があるわけじゃなく、
クローゼットも無かったわけではありますが、

 

現代のようにモノ余り、金余り、の
そういう意味では「豊かさ」は無かったのかも
しれませんが、

 

その分、

今の時代の人たち(私たち)よりも、

モノや、お金や、人の助け、
そして今日を生きた事への「感謝」
のようなものが豊かだったのではと思ったのです。

楽しんで、感謝して、シンプルな暮らし。

 

 

暦だ!金運だ!開運だ!
神社だ!御朱印だ!旅行だ! ってやる前に・・・

まず、もう一度、
自分の家を見渡して、
片付けるべきものはないか?
なくても良いものは無駄にありはしないか?

「楽チン収納術〜♪」
とかそういう今っぽいモノに、
無駄なお金と時間を使うのでもなく、
まず、単純に自分自身で
お片付けして、お掃除して、

楽しんで、感謝して、シンプルな暮らし

を実現しなくては!と感じたわけなのです(^ ^)

開運効果も、
もっともっと感じられるはずですよ(^ ^)

 

 

暦を学ぶだけではなく、
旅に出かけるだけでもなく、

暦の知識に、
旅の知識をプラスして、
そこに
もともとの自分の興味関心を合わせて
暦と旅のある生活を楽しむのです。


大好きな歴史の中の出来事や人物が、
暦と旅の現生活の中に蘇って来て、
目の前にイキイキと再現されるような感動を
味わい続けているのです。

今、私は、
ここ渋谷区広尾にオフィスを構えて
毎日のお仕事をしていますが、

もう明らかに、
ここは東京ではなく、江戸!なんです。

いわゆる「江戸・東京ブーム」というものは、
時代を超えてなん度も繰り返されているようですが、

私は今日も、
歴史小説や新書、あるいはもっと高度な専門書を通して、
大好きな「江戸時代」に触れ、
同時に、最近では非常に便利に使えるようになって来た
「古地図」というものをめくりながら、
江戸と現代を行ったり来たりしながら、
本当にエキサイティングな毎日を楽しんでいます。

なぜ江戸が好きか?
というお話はまたいずれ・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたも、こよみすとになりませんか? 

━━━━━━━━━━━━━━━━

公式サイト https://koyomist.com/
FBベージ https://www.facebook.com/koyomist.japan/
Instagram https://www.instagram.com/koyomist.japan/

ぜひたくさんの写真や記事もご覧ください。

旅の知識・楽しみ方ランキング

━━━━━━━━━━━━━━━━

広尾88アカデミー
〒150-0012 東京都渋谷区広尾5丁目21-5-200
電話)03-6447-7538
hiroo88academy@gmail.com

━━━━━━━━━━━━━━━━

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。